スマホ向け表示

チーズガーデン

Facebook

Twitter

チーズガーデン便り

気分はバリスタ

  • 2009年8月17日
  • カテゴリー:日記

「やすだ」が遅いお盆休みなので、代わりに「K」がお送りします。

3日間の休みなので、3日に渡りしらさぎ邸のお仕事を紹介します。

初日の今日は、「ドリンカー」の紹介です。

_O4C8534.1.jpg
お盆期間中、私は現場ヘルプでしらさぎ邸のドリンカー担当でした。

「ドリンカー」って何???

それはお客様からご注文頂いた飲み物を作る係りです。

 

お陰様でたくさんのお客様にご来店いただき、毎日オーダーに追われっぱなしでした (^^;)

しらさぎ邸はコーヒーも1杯づつドリップで落とすので、オーダーが重なる時間はテキパキと動かないとなりません!

コーヒーだけじゃなく、紅茶やハーブティー、生ジュース、ワインなんてオーダーが来たらもう大変!!!

カップをお湯で暖め、紅茶の茶葉をポットに入れてお湯を注ぎ、茶葉が開くまでの時間でコーヒーのドリップ、

さらに生ジュースを作りあげ、ワイングラスをきれいに磨き、ワインを注ぐ。

ドリップされたコーヒーを暖めておいたカップに注ぐ。

こうして出来上がったものすべてと砂糖やミルクと共にトレーにセットする。

文字で書くと簡単かもしれないけど、実はこの作業を2~3分くらいで完了します。

この3分間という時間が紅茶の茶葉が開いて、飲みごろになるベストタイミングなんです。

全部の出来上がりのタイミングを一緒にしないと、熱いものが冷めてしまったり、氷が溶けて味が薄くなってしまったり・・・。

結構微妙なんですよ~。

素材の持っている味もすごく大切なんですけど、温度によっても味がかなり左右されるんです。

僕はコーヒーが好きで、いろんなところのコーヒーを飲んでるんですけど、

しらさぎ邸のコーヒーが一番おいしいと思います。

手前味噌かもしれないですけど、ホントにそう思うんです。

だからおいしいものをおいしい瞬間にお客様に召し上がっていただきたいんです。

 

また、見た目も結構重要ですよね。

例えばしらさぎ邸のアイスカフェオレは、下に白いミルクの層、上に黒いコーヒーの層に分かれてます。

最初にグラスにミルクを注ぎ、その上に氷を入れ、そのあとにコーヒーを静か~に

静か~に、ほんとに集中して静か~に注ぐときれいな2層に分かれます。

 

これって実はめんどくさくて、味にはまったく関係ないことなんです。

でもちょっとしたことでも、こうして出されたものってお客様に何か伝わると思うんです。

お客さまも、普通の茶色いカフェオレと2層になったカフェオレがあったら、

絶対2層になっている方を飲みたいと思うんですよね。

 

僕は飲食店は絶対的に料理がおいしくないといけないと思ってます。

これは大前提として、しらさぎ邸としてしらさぎ邸でしか出せない、お客様へのプラスアルファの楽しい時間を過ごしていただけるか?にチャレンジしていきたいと思ってます。 

 

ちなみにこのアイスカフェオレ、焦って作ると確実に失敗します。

せっかちな僕は忙しい時ほど失敗します TT)

 久しぶりの現場シフトだったので、周りのスタッフにはかなり迷惑をかけたかな?

 ゴメンナサイ・・・ツギハモットガンバリマス。

 

2日目の明日は、しらさぎ邸の2人のスーパーシェフについてお話しします!

お楽しみに! 

コメントする

トラックバックURL

このブログ記事に対するトラックバックURL

商品カテゴリ

店舗紹介

このページの先頭へ