アレンジメニュー

敬老の日

敬老の日

9/20は「敬老の日」です。

チーズガーデンでは、敬老の日限定デザインの掛け紙をご用意しております。

掛け紙にさまざまな色がデザインされていますが、それぞれに意味があるんです!

【赤色】
赤色や朱色には厄除けの力があり健康長寿の願いや「これからも長生きしてね」という意味が込められています。還暦のお祝いの際に赤いちゃんちゃんこを着ますが、60歳を迎えると干支が一周する=赤ちゃんに還る、そして厄除けの意味が込められています。

【緑色】
21世紀にできた新しい「緑寿(66歳)の」のお祝いの色として用いられています。現役世代から高齢世代へと変わっていく節目の年なので、リタイアではなく新たなスタートと捉え、若々しい緑色をモチーフにしています。

【紫色】
紫色は、古くから日本で高位な色として使われることの多い色です。長寿祝いでは、古希や喜寿、卒寿に用いられています。長寿大国の日本でも昔は70歳を迎えることはまれだったので、敬意をこめて紫色を用いているといわれています。

【黄色(金茶色)】
黄色は昔から縁起の良い色として用いられてきました。また、紫色と同様に皇族や王位につく、位の高い方だけが身につけることを許されていた色でもあります。そのため健康に長寿を迎えたお年寄りの方々に、敬意を表して黄色を用いる場合が多いです。

【白色】
白色は神様に対しても使われる神聖で気高いイメージがあります。そのため、白寿(99歳)を迎える方へ敬意を表すために、お祝いの色を白色にしたといわれています。

【桃色】
100歳のお祝い”百寿”でよく用いられます。百=ももと読めることがゆらいとなっています。

【ベージュ】
米寿=ベージュと呼んでベージュが用いられることが多いです。

色に様々な思いが込められているんですね。
贈り物をする際はモチーフカラーのものを贈るのも素敵です! 

 

今年の敬老の日はさらに+α!

御用邸チーズケーキや御用邸チーズクッキーをデコレーションしませんか?

チョコペンで御用邸チーズケーキや御用邸チーズクッキーにデコレーション!

似顔絵や感謝の気持ちを描いてプレゼントしてみてはいかがですか?

 

ちいさなお子さまでも簡単にできますので、ぜひお試しください♪


前の記事