COLUMN

チーズを食べるときのひと工夫『チーズプラトー勉強会』

チーズを食べるときのひと工夫『チーズプラトー勉強会』

皆さんこんにちは。
先日、『チーズプラトー勉強会』に参加してきました!

生乳生産量が全国第二位の栃木県、なかでも那須塩原をはじめとした那須高原はチーズ作りが盛んな地域です。
チーズを製造する工房がいくつかあり、そのチーズ工房のみなさんが那須ナチュラルチーズ研究会として技術の向上や普及を目的に活動を行っています。今回は、有志の方々が集まり、勉強会が開催されました。



チーズプラトーとは、チーズを盛り合わせたお皿などのことです。チーズを食べるときにカットや飾りつけを工夫することで、いつもとは違った雰囲気で楽しむことができます。



そんなチーズには様々な種類があることをご存知でしょうか?
味はもちろん、形や固さなどの特徴も異なります。



チーズプラトーを作るときにはその特徴にあわせてカットの道具も変えていきます。道具もそうですが、なにより重要なことはカットした際にできる隅を、しっかりと尖らせることだそうです。
この作業を丁寧に行うことで、出来上がりの見栄えが異なると伺い、カットのときのポイントを抑えることができました。



それぞれ工房さんのチーズを担当し、カット作業を行います。
チーズによっては他の食材と組み合わせながら、最後のプレートをイメージして進めていきます。



今回はカットをしたチーズの数も多かったため、全てを使用し、テーブルへの盛り付けも行いました。
盛り付けるときに大事なことは向きをあわせること。線が揃っているとそれだけで見栄えが異なります。



また、ここからはお家などでもできるプレートやボックスへの盛り付けです。

今回は各工房さんのチーズを1種類ずつ使用し、お手本にそって一つのプレートに仕上げていきます。
できたのはこちら。



また、ボックスタイプも作りました!
ボックスタイプはこちら。



普段と同じようにカットで食べるチーズも良いですが、ひと手間を加えて華やかに仕上げるのも良いですよね。

ちなみに今回ご紹介したプラトーですが、なんと、3/23(土)那須塩原駅で開催されるイベント「那須チーズピクニック」にて数量限定での販売が決定しました。
当日はチーズボックスに加え、各工房さんのチーズの販売も予定しています。(※内容は変更となる可能性もございます。)

ぜひお立ち寄りください!


イベント名:那須チーズピクニック
日時:10:00~15:00
場所:JR那須塩原駅前
詳細はこちら

那須ナチュラルチーズ研究会
https://nasunaturalcheese.stores.jp/about




前の記事 次の記事