COLUMN

塩原かぶの魅力を探る!「DCCプロジェクト」

塩原かぶの魅力を探る!「DCCプロジェクト」
こんにちは。

皆さん、この時期に塩原温泉地区で旬を迎える塩原かぶはご存知でしょうか?
みずみずしく甘いかぶはファンも多く、塩原温泉地区の名産品となっています。
今回は塩原温泉観光協会主催で塩原かぶの魅力を探るDCC((D=ディスカバー(発見する)・C=コミュニケーション(意思疎通)・C=コネクト(繋がる)))プロジェクトが開催されるということで参加をしてきました!



新緑が綺麗に映えるこの時期の塩原温泉地区。
今回は青空プロジェクトTHEDAY代表の君島さんのご案内のもと、自然を感じながら塩原かぶの美味しさの秘密を伺いました。



まずは山歩き。塩原温泉地区の雄大な自然を感じながら進んでいきます。舗装されていない脇道から人通りを感じる小道まで、時には動物たちの足跡も見つけながら進みました。

昔は山の奥の方にしかいなかったという動物たち。少し歩いただけでも痕跡が見つかることから、民家のすぐ近くにも生息地を広めていることが分かります。



農作物を守るため、また動物たちを近寄らせないための柵などの対策も進めているそうです。それでも中に入ろうとする動物たち。足跡や周辺の形跡から、どのようなルートをたどっているのかを想像し、また違った対策も考えているそうです。



そのあとには塩原かぶを生産する農家さんにも訪問させていただきました。ちょうど作業がひと段落したということで、出荷前の塩原かぶを見学させていただきました。



また、塩原かぶの畑にもご案内いただきました!



塩原かぶはみずみずしさが特長で、切れ目さえ入れてしまえば手でもむくこともできます。そのまま生で食べると甘みがひろがりますよ!



昼食には地元のお母さん達の手作り料理が楽しめる「青空食堂」へお邪魔し、新鮮な塩原かぶを使った料理をいただきました。





【昼食メニュー】
天ぷら(かぶの天ぷら、やまうど、わらび)
かぶと柚子胡椒のつけもの
山椒とバターのご飯
かぶと豚肉の煮物
きゃらぶきとわらび野の佃煮
かぶのピザ
自家製黒蜜のあんみつ



どれもとっても美味しかったのですが、なかでも塩原かぶの天ぷらが個人的には一番好きでした。塩原かぶの特長であるみずみずしさはそのままに、カラッと揚げられた衣との相性が抜群でした。
素材を生かした味付けのおかげもあり、塩原かぶの美味しさを存分に味わうことができました。



また、現在塩原温泉地区では「ウェルかぶキャンペーン」を開催しています!
チーズガーデンからは塩原珈琲が参加しており、特別メニュー『塩原かぶの和風パスタ』がお楽しみいただけます。この時期だけの美味しさとなりますので、ぜひこの機会に足をお運びください。



ウェルかぶキャンペーンについてはこちら

塩原珈琲の店舗情報はこちら

前の記事